コンプライアンスマネージャーの仕事内容 | 義務と責任

理想的なコンプライアンス マネージャーの職務内容には、期待される義務と責任、そして持つべき必須のスキルが含まれています。

あなたが読むこの仕事の説明には、それ以上のものがあります。

コンプライアンス マネージャーは、会社が政府の方針を遵守していることを確認する必要があります。

また、手順とレポートを定期的に見直し、コンパクトなポリシーを確立し、関係者や政府機関向けのレポートを作成する責任もあります。

これらの職務を遂行するには、政府および企業の基準と方針を深く理解している候補者が必要です。

また、理想的な候補者は、特定のスキルと属性を備えている必要があります。

責任を果たしながら、常にプロフェッショナルとして行動する必要があります。

コンプライアンスマネージャーには、優れたコミュニケーションスキルとリーダーシップスキルも必要です。

これらのスキルは、すべての義務と責任を果たすために不可欠です。

コンプライアンス マネージャーの最低学歴は学士号です。

コンプライアンスマネージャーが何をするかを知るには、この仕事の説明を読み続けてください.

続きを読む: リサーチアシスタントの仕事内容| 義務と責任

コンプライアンス管理者の職務内容と責任および業務内容

コンプライアンスマネージャーは何をしますか?

コンプライアンス管理者は、企業で使用されている業務方法を評価する責任があります。

あなたは、すべての事業運営がすべての地方、州、連邦、および労働法と会社法に準拠していることを確認する責任があります。

これを行うには、関連するすべての法律とポリシーを最新の状態に保つ必要があります。 

また、あなたの会社は、ライセンスと許可を維持するために必要なすべての資格要件を満たしていることを確認するためにあなたに依存します.

コンプライアンス管理者は従業員の研修も担当します。

このトレーニングには、関連する地方、州、および連邦の政策と、これらの基準を満たすために何をしなければならないかについての教育が含まれます。

また、すべての操作が必要なすべての安全基準に準拠していることを確認します。

必要なポリシーに準拠する必要があるのは、会社の運営方法だけではありません。

ただし、生産される製品や提供されるサービスも品質基準を満たしている必要があります。

職務を適切に遂行し、関連する法律を最新の状態に保つことができないと、政府から巨額の罰金が科される可能性があります。

また、免許や許可を剥奪される可能性もあります。

場合によっては、社外のコンプライアンス管理者が会社のビジネス手法や慣行をレビューする契約を結んでいることもあります。

また、法執行機関または規制機関からコンプライアンス マネージャーが派遣され、特定の企業の法律や基準を施行する場合もあります。

続きを読む: 品質保証マネージャーの仕事内容 | 義務と責任

また読む;

コンプライアンス マネージャーの義務と責任は何ですか?

この仕事の性質を考えると、自分の義務と責任をよく理解することが重要であることに同意するでしょう。

自分の責任が何であるかを知らずに、どんな仕事でも成功することはできないからです。

その点については、義務と責任のセクションに焦点を当てることをお勧めします。

通常、ほとんどの職務記述書で取り上げられるコンプライアンス マネージャーの義務と責任の一部を以下に示します。

1. ポリシーの遵守を徹底する

コンプライアンス マネージャーは、すべての事業運営と慣行が関連する基準、法律、およびポリシーに準拠していることを確認する必要があります。

これを行うには、日常の業務活動を定期的に検査します。

また、ビジネス環境を定期的に検査して、環境基準を満たしていることを確認する責任があります。

製品は必要な品質基準もすべて満たさなければなりません。

2. 人事部と協力する

コンプライアンス マネージャーは、人事部門とのコンプライアンス違反の問題に対処する責任もあります。

基準や方針に違反した従業員は、必要な懲戒処分を受けるようにしなければなりません。

3. 規制当局への違反の報告

企業で働くコンプライアンス管理者は、コンプライアンス問題について経営陣に通知する責任があります。

ただし、規制機関から送信されたものは、コンプライアンスの問題または違反を執行機関または規制機関に報告することになっています。

続きを読む: 看護師の仕事内容| 義務と責任

4. 従業員のトレーニング

コンプライアンス マネージャーは、従業員をトレーニングする必要があります。

多くの場合、トレーニングには、関連するすべての地方、州、および連邦法を含むトレーニング マニュアルが必要です。

コンプライアンスマネージャーは、トレーニング中にこれらの法律を従業員に説明します。

また、これらの法律を遵守しない場合の結果についても関連付けます。

5.コンプライアンスレポートの作成

コンプライアンス管理者は、日常的および定期的な調査と検査を行った後、コンプライアンス報告書を作成することが期待されています。

コンプライアンス レポートは、経営陣および外部の規制機関にも提出する必要があります。

また、必要な基準に準拠した運用と実践の必要なアップグレードについて経営陣に通知する責任もあります。

コンプライアンス マネージャーのその他の義務と責任には、次のようなものがあります。

  • 弁護士と協力して法令遵守の問題に対処します。
  • すべての監視デバイスとソフトウェアが適切に設置されていることを確認してください。
  • 会社のポリシーを確認して変更します。
  • すべてのコンプライアンス活動を記録します。
  • コンプライアンス上の問題や違反を迅速に検出し、即座に対処します。
  • すべての規制ポリシーを常に最新の状態に保ちます。

コンプライアンス マネージャーになるには、どのような資格が必要ですか?

コンプライアンスマネージャーは初心者レベルのポジションではありません。

そのため、その分野のコンプライアンスマネージャーになる資格を得るには、特定のビジネス分野での勤務経験が必要です。

学士号は、コンプライアンスマネージャーになるための最低限の学力要件です。

法律、経営管理、経営管理、または関連分野の学位が望ましい。

コンプライアンス管理者は、その分野の専門家である必要があります。

コンプライアンス マネージャーの役​​割を検討される前に、特定のビジネス セクターが何を伴うのかを知っておく必要があります。

通常、雇用主は、品質管理の経験が XNUMX 年以上ある候補者を探します。

また、あらゆる監督職で最低 XNUMX 年の経験が必要です。

Microsoft Office Suite のスキルがあると有利です。

続きを読む: Uber ドライバーの仕事内容| 義務と責任

コンプライアンス マネージャーに必要なスキルは何ですか?

1.コミュニケーションスキル

理想的なコンプライアンス マネージャーは、優れたコミュニケーション スキルを備えている必要があります。

口頭だけでなく書面でもコミュニケーションがとれる必要があります。

このスキルは、地方、州、連邦、および会社の法律について従業員を教育するのに適しています。

コンプライアンスレポートを作成する場合にも重要です。

また、優れたコンプライアンス管理者は、積極的に傾聴するスキルを備えている必要があります。

2.対人スキル

コンプライアンス マネージャーは、他の従業員や会社の利害関係者と良好な関係を築くことができる必要があります。

また、外部の検査官と良好な関係を築くことも重要です。

3.問題解決スキル

優れたコンプライアンス マネージャーは、コンプライアンスの問題を迅速に特定できる必要があります。

批判的、分析的、論理的な思考を通じて、問題に対する最善かつ最も実用的な解決策を考え出すことができるはずです。

続きを読む: ライフガードの仕事内容| 義務と責任

4.細部への注意

また、コンプライアンス マネージャーの職務には、細部にまで気を配る必要があります。

そうすることで、関連する法律やポリシーが順守されていない領域をすばやく見つけることができます。

5。 読解

すべての地方、州、連邦、および会社の法律を注意深く読んで理解するのに時間をかけるのは簡単なことのように見えますが、簡単ではありません。

したがって、優れたコンプライアンス マネージャーは、かさばる情報を自然に読んで理解できる人物でなければなりません。

これらの法律を読むことは別として、常に心に留めておくとよいでしょう。

6.プロフェッショナリズム

他の従業員と良好な関係を築かなければなりませんが、基準を下げてはなりません。

コンプライアンス マネージャーの年収は?

平均して、コンプライアンスマネージャーの年間給与は 67,870 ドルです。

彼らの給与は年間38,170ドルから107,010ドルの範囲です。

通常、次の要因がコンプライアンス マネージャーの給与に影響します。

  • 企業: 経験が豊富な方が給与も高くなる傾向にあります。
  • 会場: 景気が悪い国で働くコンプライアンス管理者は、給与が低い可能性があります。
  • 体験会: 経験が豊富な人は、経験の少ない同僚よりも給与が高くなる傾向があります。
  • 資格: 通常、より有利な資格を持つコンプライアンス マネージャーは、資格のないコンプライアンス マネージャーよりも給与が高くなります。

コンプライアンス担当者の作業環境とスケジュール

コンプライアンス担当者は通常オフィスで勤務し、ときどき監査に出向くことがあります。

場合によっては、仕事はストレスが多く、厳しいものになるかもしれません。

通常、コンプライアンス マネージャーは通常の勤務日と勤務時間で勤務します。

しかし、彼らの仕事のスケジュールは、仕事の種類によって異なる場合があります。

続きを読む: ファイナンシャルアナリストの仕事内容| 義務と責任

コンプライアンス マネージャーの仕事の見通し

バランスの取れたキャリアによると、米国労働統計局は、さまざまなタイプのコンプライアンスマネージャーの雇用機会を推定していません。

しかし、財務コンプライアンス管理者の雇用機会は、10 年から 2016 年にかけて 2026% 増加すると推定されています。

これは、全職業の推定平均 7% 増加よりも高いです。

結論: コンプライアンス マネージャーの職務内容ガイド

この仕事の説明がお役に立ったと思います。

コンプライアンス マネージャーになることについてさらに質問がある場合は、コメントしてください。

この職務記述書は、将来のコンプライアンス管理者を念頭に置いて編集されていますが、組織のテンプレートとしても機能します。

独自の職務記述書を作成するためのテンプレートとしてこのガイドを使用する組織は、目標をサポートする限り、関連する調整を行うことができます。

また、個人はこのガイドを使用して、専門的なコンプライアンス マネージャーの履歴書を作成することができます。

続きを読む: ブランドマネージャーの仕事内容| 義務と責任

その他の職務内容。

私たちの勧告

これを家族や友人に共有してください
こんな商品もお勧めしています